教育理念

仁愛の精神を基盤に学生の能力を尊重し、国際的視野を持った豊かな人間性を養い、時代の変化に対応でき、看護の発展に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目的

豊かな人間性を養い、看護に必要な基礎的知識・技術・態度を修得し、専門職業人として広く社会に貢献できる看護師を育成する。

教育目標

  1. 生命の尊厳を守り、人格を尊重できる態度を養う。
  2. 看護の対象である人間を、統合された存在として理解できる能力を養う。
  3. あらゆる健康状態や、生活の場に応じた看護を、科学的根拠に基づき、実践できる基礎的能力を身につける。
  4. 保健・医療・福祉チームの一員として、看護の役割と責任を自覚し、品位と規範のある行動がとれる。
  5. 社会の動向に関心を持ち、専門職業人として継続的に学習しうる能力を養う。

PageTop